2017年4月24日月曜日

父と子の宿命のドラマを溢れる音楽で導く《イドメネオ》みどころ

加藤浩子(音楽評論家)

父と子の葛藤と自立。これが《イドメネオ》のテーマである。もちろん恋愛もあるけれど、オペラの核心は「父と息子」だ。
「僕は頭も手も第3幕でいっぱいで、僕自身が第3幕になってしまいそうです」。
《イドメネオ》の作曲が大詰めを迎えていた頃、24歳のモーツアルトは、作曲に没頭していたミュンヘンから、生まれ故郷のザルツブルクにいる父レオポルトにこう書き送った。

《イドメネオ》ニューヨーク現地評のご紹介

5つ!マシュー・ポレンザーニは、題名役の王にふさわしい圧倒的な存在感があった。感情が勇ましく高ぶる場面でも、深く思いに沈む場面でも彼の声には説得力がある。アリス・クートは気品のある情熱を溢れ出させていた。
Financial Times

2017年4月21日金曜日

2017-18 新シーズン・ラインナップ発表!

※日本上映の日程や劇場などの詳細は未定です。決定次第、後日公式HP、メルマガ、チラシ等にてお知らせいたします。












2017-18新シーズンのMETライブビューイング・ラインナップが決定!
《魔笛》《トスカ》などの人気演目に加え、待望の新演出、MET初演の話題作など心躍る多彩な10演目が登場!どうぞご期待ください!

2017年4月18日火曜日

R・シュトラウス《ばらの騎士》視聴

第10作 R・シュトラウス《ばらの騎士》 新演出     ※4/18更新

上映期間:2017年6月10日(土)~6月16日(金)
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ 演出:ロバート・カーセン
出演:ルネ・フレミング(元師夫人)、エリーナ・ガランチャ(オクタヴィアン)、エリン・モーリー(ゾフィー)、ギュンター・グロイスベック(オックス男爵)、マシュー・ポレンザーニ(歌手)
MET上演日 2017年5月13日 上映時間(予定):4時間20分(休憩2回)


第3幕<三重唱> ルネ・フレミング エリーナ・ガランチャ エリン・モーリー

第2幕<ばらの献呈> エリーナ・ガランチャ エリン・モーリー

第3幕<二重唱> エリーナ・ガランチャ エリン・モーリー

2017年4月14日金曜日

チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》視聴

第9作 チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》             ※4/14更新
  
上映期間:2017年5月20日(土)~5月26日(金)
指揮:ロビン・ティチアーティ 演出:デボラ・ワーナー
出演:アンナ・ネトレプコ(タチヤーナ)、ペーター・マッテイ(オネーギン)、アレクセイ・ドルゴフ(レンスキー)、エレーナ・マクシモワ(オリガ)、ステファン・コツァン(グレーミン)
MET上演日 2017年4月22日 上映時間(予定):3時間45分(休憩2回)

第1幕 <手紙の場> アンナ・ネトレプコ 


第2幕 アレクセイ・ドルゴフ 

2017年3月31日金曜日

《椿姫》なんば・名古屋は1日2回上映!東劇は1日3回上映!

4月8日(土)より公開の ヴェルディ《椿姫》、なんばと名古屋は1日2回上映、東劇は1日3回上映です!
お仕事帰りにもご覧いただけます!

●なんばパークスシネマ 10:00 / 18:30
●ミッドランドスクエアシネマ 10:00 / 19:30 
●東劇 11:00 / 15:00 / 18:30
その他の劇場

          (C)Ken Howard/Metropolitan Opera

“真実の愛”という夢の美しさと儚さ《椿姫》みどころ

 
林田直樹(音楽ジャーナリスト・評論家)

「一生に一度は観ておきたいオペラ」はたくさんある。
《椿姫》がその中でも特別だという理由を探すならば、一人の女性の生き様を、内面的に凝縮して描いた作品だからではないだろうか。
オペラがオペラたるゆえん、それは歌や音楽がドラマを重層的に描いていることである。複数の主人公たちが、同格の存在感をもって拮抗しあい、その歌声の全体がダイナミックに動いていくことこそが本来の“オペラらしさ”である。